自動販売機

昨日、ある人がジュースをごちそうしてくれると言うので、ありがたく好意を頂戴しました。

これをお願いしますと言って相手が自動販売機のボタンを押すと何と…


出てきませんでした!!笑


外国の自動販売機はたまに出て来ない時があるそうですが、ここはハイテクマシンの日本です。恐るべき不運。笑

思わず、欧米か!!…と叫んだとか叫ばなかったとか。

まぁ、おもしろかったからいいや。不運も報われた。笑
スポンサーサイト

虫愛ずる姫君

http://www1.plala.or.jp/yossie/words/020501.htm

「虫愛ずる姫君」は「風の谷のナウシカ」のナウシカのモデルとなったことでも有名。

この話は非常に面白いので暇な時にでも読んでみてはいかがでしょう。


自分は「エビ愛ずる王子」になったかな。笑

社会の役割とは?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A4%BE%E4%BC%9A

個人の利益を追求する為に人々は集まり社会を構成し、その社会の中で人々はひとりひとり役割を与えられる。

ひとりひとりが役割を果たすことで社会が機能し、人々の利益となって還元される。

しかし利益と害は表裏一体であり、利益あるところに害は発生する。

人々は長い歴史の中で役割を果たし社会を発展させ、利益を生み出してきた。

経済の発展により人々の生活は豊かになったが、環境破壊という問題を引き起こし、人々の生活を脅かそうとしている。

人々1人の力では環境破壊を解決していくことは難しいが、ひとりひとりが与えられた役割を果たしていくことで、環境破壊などの人々の生活を脅かす問題を解決することは出来るだろう。

そうして社会は人々の生活を脅かす害を排除し、利益に繋げる役割を持つ。



結局のところ、自分の利益の為に社会があり、社会は自分の為にあるんじゃないかなぁ。

人は社会の歯車と言うけれど、社会の利益の為に自分があるのではなくて自分の利益の為に社会があると思う。

Re:初恋の人からの手紙

>Johnny、元気にしてる?
今でも彼女ができるたびに手鏡でスカートの中を覗いていますか?直接見るのでは満足できないJohnnyをなつかしく思います。

…今では直接見るのが好きです。笑


今考えると、私ってJohnnyに対してひどいことばかりしたなぁと思います(汗)。Johnnyはいつも私のこと包んでいてくれたのに、私は臆病で心を開けなかったし、「Johnnyはどうせ私のカラダ目当てじゃない!」なんて暴言を吐いていましたよね。それは事実としても、もっと他の言い方がなかったものかなぁと反省しています。

…事実?笑


私にとっては8人目の彼氏でしたが、そういえばJohnnyにとっては初恋の相手が私でしたよね。

…8人目?多くない?普通?笑


最初のころのJohnnyはキスすら歯に当てる下手さでがっかりしたものですが、最終的には妙に自信をつけていましたね。勘違いとは恐ろしいものです。

…キスは別に極めなくてもいい。
 自信ありげな感じの見せかけ。笑


告白するときのJohnnyは、必死で「一生大事にするから」とか酔っ払ったことを言っていましたね。とても嬉しかったのですが、お別れしたときには、やっぱり詐欺だったなぁと思ったものです。後先考えないところはJohnnyらしいとも思いました。

…酔っ払ってたから。笑
 酔いが覚めたらどうなるかは、それからの2人次第ってとこかな。


Johnnyと付き合えて本当によかったなぁと思うところは、「恋愛をしないほうが楽なときもある」ということを学べたことです。Johnnyと別れた後、恋愛依存の私が「もうしばらくは恋はいいや」と思えたのは、とても大きいことです。ありがとう。

…俺も罪な男だぜ。
 なんたって俺は日本のドンファン・デ・マルコだからな。笑
 勘違いとは恐ろしいものです。笑

いろいろ書きましたが、私はそんなJohnnyのことが好きでした。これからもJohnnyらしさを大切に、当時本気でやっていた透視の練習も続けて(笑)、新しい誰かを幸せにしてあげてください。
またいつか会いましょう。では。

…あれから透視の練習を続けて、スカートの中身が透視できるようになったよ!笑


P.S. よく「おれは爪の白い部分が広い!」って見せ付けてきましたよね。どうでもいいけど…。

…爪の白い部分広くない?って聞いてきたの自分やろ?笑

初恋の人からの手紙

Johnny、元気にしてる?
今でも彼女ができるたびに手鏡でスカートの中を覗いていますか?直接見るのでは満足できないJohnnyをなつかしく思います。

泣きじゃくる私にJohnnyが「別れても連絡するから大丈夫だよ」と慰めつつパッタリ連絡が来なくなったあの日から、もう8年が経ったのですね。月日が流れるのは早いものです。

お手紙を書いたのは、とくに用事があるわけではないんです。ただふと思い出して懐かしかったので、思いつくままに手紙に書こうと思いました。ふふ。驚いたかな?

今考えると、私ってJohnnyに対してひどいことばかりしたなぁと思います(汗)。Johnnyはいつも私のこと包んでいてくれたのに、私は臆病で心を開けなかったし、「Johnnyはどうせ私のカラダ目当てじゃない!」なんて暴言を吐いていましたよね。それは事実としても、もっと他の言い方がなかったものかなぁと反省しています。

私にとっては8人目の彼氏でしたが、そういえばJohnnyにとっては初恋の相手が私でしたよね。最初のころのJohnnyはキスすら歯に当てる下手さでがっかりしたものですが、最終的には妙に自信をつけていましたね。勘違いとは恐ろしいものです。

告白するときのJohnnyは、必死で「一生大事にするから」とか酔っ払ったことを言っていましたね。とても嬉しかったのですが、お別れしたときには、やっぱり詐欺だったなぁと思ったものです。後先考えないところはJohnnyらしいとも思いました。

Johnnyと付き合えて本当によかったなぁと思うところは、「恋愛をしないほうが楽なときもある」ということを学べたことです。Johnnyと別れた後、恋愛依存の私が「もうしばらくは恋はいいや」と思えたのは、とても大きいことです。ありがとう。

いろいろ書きましたが、私はそんなJohnnyのことが好きでした。これからもJohnnyらしさを大切に、当時本気でやっていた透視の練習も続けて(笑)、新しい誰かを幸せにしてあげてください。

またいつか会いましょう。では。

P.S. よく「おれは爪の白い部分が広い!」って見せ付けてきましたよね。どうでもいいけど…。



お返事書きましょうか?
プロフィール

Johnny

Author:Johnny
I guess you could say that freaks are my heroes.
「はみ出し者が、僕のヒーローなのかもしれない」

by Johnny Depp

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
Flashリバーシ
星が見える名言集100
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード