「マンマ・ミーア!」

往年の人気ポップグループABBAのヒットナンバーで構成され世界中でロングランとなった傑作ミュージカルを銀幕へと昇華したロマンティック・コメディ。
メリル・ストリープら豪華キャストを迎え、ギリシャのリゾート地を舞台に、結婚式を目前に控えた娘とその母親をめぐる24時間の一騒動を歌と踊りで陽気に綴る。監督は舞台版も演出し、これが劇場長編初メガホンのフィリダ・ロイド。
 ギリシャの美しいリゾート地、カロカイリ島。小さなホテルを営む母ドナと2人暮らしのソフィは、恋人スカイとの結婚式をいよいよ明日に控えていた。またそんな彼女には、“父親と結婚式のヴァージン・ロードを歩きたい”という密かな夢があった。
しかし、母子家庭で育ったソフィは未だに父親が誰なのかを知らない。そこで母の昔の日記から、父親であろう3人の男性、建築家のサム、銀行マンのハリー、冒険家のビルを探り当て、ドナに内緒で結婚式の招待状を送ってしまっていた。
やがて、道中鉢合わせた3人が揃って到着。ソフィは結婚式のサプライズのため、ドナの目が届かない場所に彼らを匿うことに。ところが、ドナが偶然3人を目撃してしまったことを機に、様々な問題が湧き起こっていく…。
(allcinema)

ミュージカルだからなのかハイテンションムービーのようであり、主要俳優陣を女性が占めているので、男が観て楽しめるのか?という疑問があり、今年の注目映画から外していた…
そして何より映画で使われているABBAの曲をよく知らない(笑)

しかしながらストーリーを見てみるとなかなか面白そうだ。

ゴールデン・グローブ賞やアカデミー賞で話題のメリル・ストリープの歌って踊るハイテンションさが、観る人によっては引くらしい(笑)

メリル・ストリープには、クレイマー・クレイマーやプラダを着た悪魔の「キツい女」というイメージがあったのでギャップがある。笑
メリル・ストリープの演技に注目の作品。
スポンサーサイト

テーマ : 気になる映画
ジャンル : 映画

「ジェイン・オースティンの読書会」

『全米の女性たちの間で一大ブームとなっている“読書会”をモチーフに、参加者それぞれの悲喜こもごもの人間模様を綴った全米ベストセラーを映画化したコメディ・ドラマ。
監督は「若草物語」「SAYURI」などの脚本で知られるロビン・スウィコード。これが初監督作。

 離婚歴6回を誇る女性バーナデットは、愛犬を亡くして落ち込む友人、ジョスリンを励まそうと、ジェイン・オースティンの読書会を思いつく。なぜならば、“オースティンは、人生最高の解毒剤”だから。もう一人の親友シルヴィアも、ちょうど夫から“他に好きな人ができた”と告げられ窮地に陥っていた。
しかし、オースティンの長編小説は6冊あるため、メンバーも6人必要だった。そんな中見つかった4人目は、趣味の合わない夫より教え子に心惹かれる高校教師プルーディー。さらにシルヴィアの娘アレグラも引き入れ、最後は唯一の男性にしてオースティン初体験のSF大好き青年グリッグ。こうしてメンバーも揃い、いよいよ読書会が幕を開けるのだが…。』
(allcinema)

読書会なんてやってみたいね~。
本の内容についてのそれぞれの意見を聞き、自分も発言することで十人十色の考え方や価値観を知ることができる。
自分がこうだと思っていることでも、それが絶対的に正しい訳ではない。
それぞれの意見を聞くことで自分の知らない世界を知り、価値観を広げ、考え方を深めることができる。

こうした読書会のような活動は、心の健康を促進していくのではないか。

世界保健機関憲章の前文に健康の概念は『身体的・精神的・社会的に完全に良好な状態であり、たんに病気あるいは虚弱でないことではない。』と定義されている。



そうして内面から変わっていくことで、外見的にもますます綺麗になっていくでしょう。笑

「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」

『1950年代のアメリカ。フランクとエイプリルは、子供にも恵まれ幸せに暮らしていた。だが、2人はお互いの野望と夢のために運命に立ち向かうことを決意する。

『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』 は、2008年のアメリカ映画。原作はリチャード・イェーツの小説『家族の終わりに』。『タイタニック』で全世界を泣かせたレオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットが夫婦役で再共演。尚、ケイト・ウィンスレットは実生活上の夫であるサム・メンデスの監督作品に、初出演・主演している。』
(Wikipedia)

アカデミー賞の前哨戦とも言われるゴールデングローブ賞に主演男優賞、主演女優賞、監督賞、作品賞でノミネート。受賞なるか?

ディカプリオには久し振り感のあるラブストーリーといった内容のような気がするが、どうだろう。

やはりディカプリオにはラブストーリーが似合ってるし、観客もそれを求めているのかもしれない…ってな感じになるかも?
まぁ期待しておきましょう。笑

「劇場版MAJOR 友情の一球(ウィニングショット)」

テレビアニメの映画化としてはまれに見る成功例…らしい!笑

『原作をまったく知らない少年向けのアニメにも関わらず思いっきり引きこまれてしまった。僕はオフサイドとかトラベリングといったルールも知らないしチームがパなのかセなのかリなのかも区別がつかないほどの野球オンチ。
にも関わらずこんなに楽しめてしまったのはそれだけ原作が優れていたからだろう。はっきり言って大人が見てもまったく問題ないし、子供にとってはこれほど道徳的にも優れたコンテンツもあるまい。
なんといっても主人公がいい。どんなピンチに立たされようと最後まで諦めない不屈の精神力。勝利のために自分の将来を顧みない自己犠牲。強い正義感。そしてチームメイトを思いやる心。彼には大人が理想とする少年の姿が見事なまでに反映されている。
あまりにも出来すぎた快活さだがそれを嫌味に感じさせないのがこの作品の魅力だろう。』
http://cinemacell.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/major-275a.html

そしてこの辛口批評家も絶賛。笑

メジャーの主人公の吾郎君が小さい時の話はマンガで読んでいたから内容は何となく分かるが確かに面白かった。

これは俺も観たいし、メジャー知らない人に観せてみたい。笑

「アフタースクール」

 『練り上げられた脚本の完成度で長編デビュー作「運命じゃない人」が高い評価を受けた内田けんじ監督待望の長編2作目。
怪しげな探偵と中学時代からの親友の行方を捜すハメになった主人公が辿る予測不能な物語を巧みな構成力で描き出す。
主演は「シムソンズ」の大泉洋、共演に佐々木蔵之介、堺雅人。

 母校の中学校で働く人のいい教師、神野。夏休みにもかかわらず部活動のために出勤していた彼は、そこで同級生だと名乗る男と出会う。
男は、神野の同級生で親友のエリートサラリーマン、木村の行方を追っていた。神野はちょうどその朝、仕事で全然つかまらない木村に代わって産気づいた彼の妻を病院へ運び、そのまま出産に立ち会ってきたところだった。
そんな神野に男は、昨日撮られたという写真を見せる。そこには、若い女性と車に乗り込む木村の姿が。動揺する神野は、男の強引なペースに引きずられるように木村捜しを手伝わされるハメになるのだったが…。』
(allcinema)

内田けんじさんの映画。
「運命じゃない人」のDVDがないので、この作品から入ろうかな。

キャストの佐々木蔵之介、大泉洋、堺雅人がシブくて良い。笑

あまり期待し過ぎない方が案外良いみたいだけれども。
プロフィール

Johnny

Author:Johnny
I guess you could say that freaks are my heroes.
「はみ出し者が、僕のヒーローなのかもしれない」

by Johnny Depp

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
Flashリバーシ
星が見える名言集100
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード